初心者用対人売買の話

みなさん、こんばんは。


今日は対人売買の方法として「バザー」のやり方などをご紹介しようと思います。
バザーは2種類あります。
自分でやるものと、副官に委託する「副官バザー」です。
基本は自分が出すバザーなので、まずはこちらを押さえます。


まずは、バザーの設定を進めていきましょうか。
右上のメニューのコミュニケーションから「バザー」を選択します。
バザー手順1

対人売りをする際に使える方法は、主に「バザー」「商会ショップ」「副官バザー」があるのですが、自分でバザーを広げる場合のみ手数料がかかりません。

副官バザーは売価に対し1%の手数料が発生します。
商会ショップは売価に対し5%の手数料が発生します。

一度手数料を支払ったら「やっぱり変えよう」とか売れる前に「やーめた」となった場合でも、手数料は返還されません。
高額商品を陳列する場合や、そこそこの単価設定でも多数陳列する場合は、売値に対しての手数料が支払われますからそれなりに高額になることがあります。
例えば、名工の大工道具500個を商会ショップに陳列、単価設定を40kに設定したとすると、手数料は実に1Mにもなるわけです。
あ、自分でやるバザーは所持している物だけしか陳列できないので、スタックアイテムは最大でも一度に200個までしか陳列できません。


さて、次はこの画面です。オンラインマニュアルにもありますが、ここで商品の選択と数の指定、単価の設定を行います。
バザー手順2


バザーでは手持ちの交易品・アイテム・船のうち装備・使用していないすべての物が陳列できます。
ただし、その品の分類によって単価上限額があります。
交易品なら@200k
装備品なら@10M
消耗品なら@1M
レシピなら@100M
船(権利書の形)なら@150M
船素材類は@100M
まあ、これは商品選択された時点で電卓の下に設定可能範囲が表示されますから、覚える必要はありません。
この上限額は商会ショップや副官バザーでも同じです。
おっと、商会ショップと副官バザーに限っては、船の出展はできませんでした。
交易品やスタックアイテムを選択した場合は黄色の枠内で数を設定し、全ての商品は赤い枠内で単価を設定します。
全ての売却品の設定が終わったら、赤枠の下、ピンクの下線を引いた「総額」を確認しましょう。
ダイアログが出るので見落としはないと思いますが、もし所持金が200M上限を超える売れ方をした場合、天井を突き抜けた売上金は消失します。

もし、上記の上限額を超えた単価で売買したい場合は、バザーは不向きです。
そう言った場合はシャウトや艦隊募集で告知を出してチャットで商談し、直接トレードで売買をする事になります。


最後の設定が次の画面です。
バザー手順3

バザールメッセージ、という窓がありますね。
ここはバザー出展して「座る」と表示される看板です。
何を売っているかとか、他のプレイヤーに告知したいメッセージを書いておくといいでしょう。
看板を立てて座ると、こうなります。
バザー看板




さて、以上でバザーを出展する事ができました。
売却利益目的のバザーは、商人にとっては楽しみの一つになり得ます。
自分が用意した商品がじゃんじゃん売れれば、嬉しくもなるし懐も暖まります。
しかし、いつも同じ品物が同じ値段で売れるとは限りません。
ここに、昨日お話しした「需要と供給」があるんですね。



バザーは交易品やアイテムなど、「えっ! これがこんな値段で売れちゃうのっ!?」と言う売れ方をする事が珍しくありません。
例えば、木材。木材は交易所で買おうとすればオスロやベルゲンなどの北欧か、東地中海のベイルート、黒海のカッファやトレビゾントと、EUの両端でしか買えません。
何かの生産物の材料として木材を使う人はこれを買いに行く訳ですが、結構めんどうくさいw
それに、時間と言ったファクターも関連します。

今から北欧まで戻ったら約束の時間に間に合わない!

なんて事情を抱えた人がいる訳ですよ。
もし、そんな時に目の前に必要数の木材が売っていて、所持金が足りるとなれば多少高くても買っちゃうんですよね。
リスボンで上質リギングを急いで作りたい。でも木材だけ無い。必要数は20個。
ベルゲンまで行けば往復20分で用意できるし、15kもあれば足ります。
でも、目の前に@8kの木材があったらどうでしょう。20個だけなら160kです。それで20分を短縮できるわけです。
20分のロスと、145kを天秤にかけて、20分短縮を取る人は少なくありません。



ただし、何がどこで売れるか、については良く研究しないとダメです。
リスボンでワインをバザーするとしたら、どうでしょう。
ワインは隣のセビリアでも買えます。ポルトガル人ならマディラでも買えますし、他国の人でも工芸3とレシピがあれば干しブドウから簡単に作れます。
この僅かな手間で出せる利益はやはり僅かではないでしょうか。

しかし、逆にロンドンで英国人が「紙」を売ったらどうなるでしょう。
紙はロンドンの交易所の品揃えですからご当地売りなのですが、投資が必要なので英国人しか買えません。
他の売り場はやはりベイルート。遠いんですよねw
しかし、紙はいくつかの生産の「材料」になるんです。
ですから、英国人はロンドンで買った紙を、そのままバザーで転売しても売れる場合があります。
このように、何がどこで必要とされやすいか、を熟知する事で対人売買利益は大きく増加します。商品の流通を予想できれば、対人売買は非常に楽に儲けを出すことができるんですね。
ここら辺の予想が当たる=じゃんじゃん売れる、と言うのは商人にとっては非常に痛快ですよ!



もうひとつ、バザーで品物を売るのに大事な条件があります。
人目に付くところで売りましょうw
Z鯖リスボンの港前では、船素材は出港所前の木の周り、とか傾向があるようです。
いつも決まった場所で決まった商品を出してくれている人もいます。
自分のスタイルを確立して、認知されやすくしておくのは大事な事です。
場所はルールとか制限とかありません。
好きな所で座り込んで大丈夫。
動き回ると品揃えを見せてもらうのに鬼ごっこしないといけませんから、出来るだけ止まっててください。できたら息もしないでw


↓バザー以外の対人売買について聞きたい人はコチラ↓

↑自分は売るより買う方だ、と言う人はコチラ↑
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

笑師

Author:笑師
笑師(えみし)
特性:世話好きなお節介者
特技:原価0で物を作る

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
地見屋の航海日誌感謝の足跡
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
566位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
25位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
著作物利用について
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ランキング応援お願いします

FC2Blog Ranking

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MMOタロット占い
占う相手の名前を言いながら…
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR