スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑師サンは投資中?

みなさん、こんにちは。


DOLの世界で、あの子を見かけなくなってどれくらい経ちますか…

リアルの事情でログイン出来なくなった可能性がある以上、無理に呼び戻す事はできません。
と言うか、呼び戻す方法がそもそもないw
だって、DOL内でしか連絡手段がないんですから。

でも、もしかしたら地見屋ブログは見ていてくれているかも知れませんね。

どんな理由で離れてしまったのか、分からないですが…

「どんなに細々としていても、DOLを辞めたくない」と言っていたあの子。

もし、リアル事情が許すなら、戻って欲しいと願っています。
みんなに好かれていた子だから。
居なくなって寂しく思っている人も多いと思うのですよ。
いつか、こっそりと戻って「冒険中☆」の看板を立てている所でも見られれば、嬉しいんですけど。


↓ランキング参加中です↓





さて、今日は生産と少し離れて投資の話をしましょうか。




投資とは

投資(とうし、英語:investment)とは、主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す(現代において、生産能力の増加しない商業活動はこれに含まない)。広義では、自己研鑽や人間関係においても使われる。
どのような形態の投資も、不確実性(リスク)が伴う。一般に、投資による期待収益率が高い場合、不確実性(リスク)も高まる。この一般則に反する取引が可能な場合、裁定取引が行われ、収益率の低下またはリスクの増大が起こる。





上記はWIKIを参照した物です。
ちょっと難しいですねw



DOLに当てはめて簡単に言うとですね。

ある街にお金を提供し、その街から自分が恩恵を受けようとする事です。

ただ、DOL内での投資はその方法や投資先、結果の反映の仕方が決まっています。



前回、投資を重ねてベイルートの交易所にベニバナを陳列させたのを覚えているでしょうか。
これを例にとってみましょう。



DOL内で投資を受け付けてくれるのは、その街を直轄する貴族や騎士団長です。
または、その人から役人として雇用された者、つまり街役人です。


街役人は街を発展させ、街の住人の生活が楽な環境を作るのがお仕事です。
普段は住人から徴収する税金なんかを使って街の発展に尽くす訳ですが、税金と言うのは使い道がたくさんありましてね。
自分の生活に一生懸命な貧乏住人は思いもよらないでしょうが、道の整備や警察機能を持った衛兵への給与、その他およそ公的事業と呼ばれる物すべての財源が税金から捻出されます。
もちろん、街役人の給与だって税金からですw
統治を直轄する貴族の収入だって、税金からなんですぞw

…とはいえ、この時代の公的事業なんてのはほとんどなくて(だって電気ガス水道なんて無いんだもんw)、主たる公的事業は警察と自衛隊を合わせたような「騎士団」とか「傭兵隊」の維持存続です。
騎士団とか傭兵隊などは、その街を直轄する貴族が保有する私有戦力です。


じゃ、投資したお金は貴族への財産供与、つまり賄賂になるのか…
と言う気がしないでもないですが、そう言う事ではありませんw


以前も話しましたが、中世の自治の行使はその街を管轄する貴族や自治体が維持する戦力が主体です。
戦力を持たない街なんぞは、アッと言う間に隣町から侵略を受けてなんもかんもブン獲られちゃうんですね。
ですから、戦力の維持も大事だし、隣町が戦力を増強したなんて噂でも流れようものなら、こちらも対抗できる戦力を保持しないといけません。
そう言った理由で、直轄貴族を財源とする、街の公費予算のほとんどは自衛組織の運営費用に充てられます。
貴族の財源は、貴族によって自衛された安全な街に「住まわせてもらう」住民から徴収する「税金」が主です。
ですから、税金の使い道は自衛組織に盛り込まれるのが普通で、その他の公的事業にはほとんど流れないんですね。


その一方で、貴族や街役人が頭を痛めるのが街の発展への寄与、なんですね。

街が発展し、産業が活性化すると言う事は。
よその街と交易を交わして利益を上げたりできる訳です。
当然、住民は生活が楽になります。
楽な生活ができると人口が増えます。
大衆は楽が出来る所に集まるもんですから(-∀-`; )
人口が増えると、税収が上がります。
税収が上がれば、より強力な戦力を保持できるんですね。

ですから、街役人のお仕事は現有戦力の保持と街の経済力の補強を、絶妙なバランスで采配する事にあります。
ですが、先述の通り、税金のほとんどは戦力維持に使われてしまうので、とてもじゃないけど新しい産業の開発、なんて言う「すぐに儲けが出ない」事業に資金を注ぎ込む余裕はありません。



ここで登場するのが、航海者なんですね。

悩める街役人に異国の航海者が「トウシ」とか言う謎のお金のプレゼントをしてくれるんです。
これが、非常に有難いんですよ。
今までお金が足りなくて出来なかった事業を実行するチャンスなんです。


え?


街役人がそのお金で豪遊しちゃったらどうすんだ、って?


そう言うのを公費横領と言ってですね、犯罪なんですよ、犯罪w
街役人が犯罪なんかしたら大変ですよ。
ええ、そりゃもう大変な事になります。
ですから、街役人はそんな危険は犯しません。
ゲームの中の役人はちゃーんとお仕事してくれるから、ご安心くださいナ(-∀-`; )


話をもどしますよw

笑師がベイルートの街役人に投資をしたとしましょうか。
この段階では、まだ投資はお金のプレゼントに過ぎません。
ベイルートの街役人は笑師が渡したお金を使って、ベイルートの更なる発展を考えます。
新しい田畑を開墾する場合もあるでしょう。
新しく鉱山を開発したりして金属を産出しようとするかもしれません。
とにかく、その街を知り尽くしている街役人が「笑師からの投資」と言う財政ボーナスを使ってやる事ですから、これは上司たる貴族の意見は聞かなくて良いw
いや、「どうしましょうか」なんて聞いちゃったら「戦力増強せよ」とか言われかねないんですねw

ベイルートの場合は、畑とか果樹園を開墾して新しい作物を生み出す農地を拡充したり、農作物の栽培研究や実験(と言っても、まぁ「色々育ててみる」程度でしょうけどw)の費用に充てられた結果、新しい商品としてベニバナが安定供給できるようになった、と言う訳です。

いやぁ、めでたし、めでたし。



…え?



投資する航海者のメリットが見えない?



ああ、そうでしたね(-∀-`; )


ベイルートで新しく発足したベニバナ産業ですが。
安定供給が可能になったとはいえ、まだまだ収穫は多くありません。
ですから、これを買う事ができる…つまり、ベニバナを交易品として取り扱う事ができる人を制限しないと、品物の供給が追い付かずに売り切れちゃうんです。
街から特別扱いを受け、ベニバナを独占取引する事が出来るようになるのは、ベニバナ産業に資金を投入した人だけ。
つまり、航海者。
上の投資例では「笑師」なんですね。

こうして、目に見える形や直接の見返りを得る場合がある「投資」ですが、その使い道はこれまた多岐に及びます。
造船港であれば、造船設備の補充や改善もされるでしょう。
アイテムを作る職人が、今までにない商品を開発する場合もあります。
その街それぞれに、航海者と言う存在に対して施せるサービス内容が拡充する訳です。
結果として、道具屋に新しいアイテムが陳列されたり、新しい船が建造できるようになったり。
それらを利用できるのは、投資と言う形で街の発展に寄与した人だけなんです。



あ、ちょっと待ってくださいね。



投資したらオイシイ目が見れるからって、いきなり大金を持ち込んでも受け取ってくれませんヨ(-∀-`; )



航海者からの投資金は街役人の采配で街の発展に使われる訳ですが、これ上司の貴族には内緒かと言えばそうではないんですよ。
ちゃんと、どこの誰がいくら寄贈したか、報告されます。


何故かと言うとですね…

ん~、これは貴族の目線で街の発展を見ると分かるかも知れません。


自分がお金を出してないのに、街がみるみる発展するんですよねw
発展には資金が要るのが分かっているから、権力を主張したい貴族は気が気じゃありません。
この時代の権力はイコール財力でもあるから、巨大な資金を使える資産家は敵になりやすいんですね。
ですから、貴族は自分が雇用した街役人を問い詰めますw
「お前、一体どこの誰から金を受け取っているんだ!?」
役人を買収されていたりして、知らぬ間に没落しちゃう訳にはいかないですもんねw

で、調べてみると異国の航海者がどういう訳か街の発展事業に資金を出してくれているのが分かってきます。
自分の街で普通に扱っている商品類が、異国の地では莫大な利益を生むと言う事実。
その利を得たい航海者が発展事業に投資している事実。
ここには(まだ)権力欲は見当たりません。


となると、航海者からの投資は無制限に受け入れてしまえば良いじゃないか、となりそうですが。


自分の街の産業で得られる利益、それを航海者が受ければ受けるほど、自分の利益が減る訳です。
100樽しかない貴重なベニバナを、全部航海者に持って行かれたら、自分は儲けられませんもん(´・ω・`)

だから航海者が得られる利益も制限しないといけません。
と言って、メリットを削減しては航海者が投資しなくなります。
そこで、投資額の上限を設け、短期間で多額の投資をする事を制限しようと考えたんですね。
期間縛りにすることで、航海者に対しての供与も「今回の分」と言う具合に、利益の天井を設定しやすくなるんですね。

その期間が、ゲーム内では「一度の寄港」と言うように設定されています。
ゲーム内時間で30日、とやると海に出なくても30分毎に投資できてしまうので、上の世界観に反してしまうんです。
ですから、投資は一度の寄港で一度だけしかできません。
そして、投資額も上限を設定されています。
何度も何度も街へ足を運び、何度も投資をし続ける事で、航海者は街からの信用を得て投資額の上限を引き上げてもらう事が可能になります。

ただ、いくら多額の投資をしても見返りが増えて行かないとなると、ある一定のところで投資がされなくなっちゃいそうです。
そこで、一定額の投資をした航海者には「街からの感謝の印」として、何かしらの贈り物がされる事があります。
贈り物は、その街で研鑽を重ねた「製造の秘技(レシピ)」だったり、ロット(くじ)だったり、最近では副官の能力スキルに影響を与える物まであるようですよ。



ところが、ですね。



投資家としては「ルール違反じゃないか!」となりそうなアイテムがあるんですよね。
それが「投資申請書」です。

投資申請書生産

一度の寄港でもう一度投資できるようになる紙ですが、これ一体なんでしょうねw

この紙は、連続投資しようとする者が、その見返りを求めない事を誓約した誓約書ではないかと思っています。
一度に通常の10倍の投資をしたからと言って、10倍の特産品を買いませんよ、と言う意味です。
ですから、これは航海者側が発行する誓約書です。
発行が航海者側なので、投資申請書が「生産」できても「文書偽造」と言う事にはなりませんからね。
丈夫な羊皮紙に、特殊な染料で誓約内容を書き記し、ワックスで表面を固めて内容を変更できないようにしたもの。
特殊な染料を使うのは「誰でも作れる」物にならない為の措置でしょうね。
まぁ、推察ですけどw



さて、航海者が個人単位でやる投資、少しは理解の助けになりましたでしょうか。

資金の投入により新しい産業が生まれ、それによる将来の利益を半独占的に得る事を目的としたのが「投資」です。
新しい産業が生まれなければ「将来の利益」は生まれず、投入した資金は無駄となります。
新しい産業が生まれても、投入した金額を回収するほどの利益を生まないかも知れません。
ゲームである以上、設定された恩恵が全て出現した時点で、それ以上の個人投資は意味を持たなくなります。

ですが、個人ではなく、団体としての投資の話にはまだ先があるんですよ。

まあ、でも今回も長くなってきたので、それはまた機を見てご紹介するとしましょうか(-∀-`; )


↓ランキング参加中です↓



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

冒険中の彼女は別ゲーに浮気してるって噂^^

まったり待ちましょー

も、もしかしてぇ・・・w

こんにちわぁー!
お久しぶりです( 艸`*)
呼ばれた気がして覗いてみたのぉw

また冒険したい!
大海原をまったり航海したいー!
忙しくて時間が無いのもあるけども、
ボロいPCを何とかしなあかんのです(T-T*)フフフ…

最近はちみちみスマホゲームやってるだけですぅ(〃ω〃)
えろ師もずーっと元気にしててね•̀.̫•́✧

>elieさん

そっかー、じゃ待つしかないねぇ。
と思っていたらコメント届きました\(^-^)/


>プルちゃま

呼んだ呼んだw

黙っていなくなったら心配するってばよw

笑師のPC もかなり際どいんだけど、集団海事やらなければどうにか…なレベル。
その程度の化石みたいなマシーンでも動けばイーンダヨw

ログインしないと分かり難いかも知れないけど、君の戻りを待つ人はちゃんといるよ。

早く戻っておいで!

No title

Annum novum faustum tibi precor !

今年もよろしくお願いします

ダニエリさん

お返事が大変遅くなりました(-_-;)

もう明けましてどうこう、と言う時期ではないのですが…

ご挨拶はご挨拶ですしw

今年もよろしくお願いしますd(>_<)
プロフィール

笑師

Author:笑師
笑師(えみし)
特性:世話好きなお節介者
特技:原価0で物を作る

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
地見屋の航海日誌感謝の足跡
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
639位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
27位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
著作物利用について
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ランキング応援お願いします

FC2Blog Ranking

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
MMOタロット占い
占う相手の名前を言いながら…
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。