単なる思いつき

みなさん、こんにちは。


どうやら今回の商会コンペで商館を維持できそうなだけの準備が済みました。
ちょっとだけ貢献度を上げて、追い上げに備える体勢です。

で、この「ちょっとだけ」のさじ加減がなかなか読み切れなくてドキドキするんですよね(-∀-`; )


↓ランキング参加中です↓





毎月、一人当たり4回までしか納品できないのに、どうやって?

と思う方もいると思います。
簡単に言えば、この納品回数を1回だけ回復するアイテムがあるんです。
それが、下のSSのこれ。
特別納品書です。
特別納品書

ただし、これ海事ドロップ品なので、数を集めるのがとっても大変。
人数が少ない商会が商館を維持しようとしたら涙ぐましい努力があると思って間違いありません。

そんな貴重な「特別納品書」を使う訳ですから、できるだけ無駄にしたくない。
もうね、順位なんてどうでも良いから20位内に入れて!
って感じなのです(-∀-`; )
できるだけギリギリで滑り込むような数字で良いんです。
そりゃあ手持ちの納品書を使い切れば、当月は手放しでいて良いくらいの事はできますけども。
いつ、どんな事態があるか分かりませんから、やはり貴重な物は大事に使いたいですね。

と言う訳で、あと2回納品しておくか、ここで止めておくべきかと悩むんですよw
で、今日も悩みながら、じーーーっと貢献度や勢いのある商会をチェックしていた時に、ふっと思ったんです。

商会一覧




商会ショップの売り上げを貢献度に反映させたら面白そうだなぁ。



商会ショップの売り上げが多い、と言う事は、その街で商売をする人が多いと言う事です。
つまり、街の活性化に直結しているはず。
ゲーム上では見えませんが(-∀-`; )
なので、目に見える数字として、ショップの売り上げ=手数料の納金に、貢献度を乗せても良いんじゃないかと。


現状の仕様の下での商会コンペでは、人数がいる商会が圧倒的に有利。
リスボンなどでは30人台で商館を獲得・維持するのは不可能に近い訳ですよ。
こうなると、円の力でアカウントをたくさん持っている人がいる商会は非常に有利。
かたや、単アカウントで細々と楽しんでいる方が集まる商会は望みを持つことすら難しいと言う現状。
ゲーム的に有利になり得るものだから、円の力が影響するのは商業ベースのゲームとしては仕方ない。
でも、チャンスが平等でない気がします。



そこで、ショップの売り上げです。



現状でショップの陳列枠の使い方は、2通りほど思い当ります。
ひとつは、もちろん売り上げを狙って売り物を置く場合。
もうひとつは、キープしたいけど保管する場所が無くて仕方なく陳列する場合。


ここで、ショップの売り上げを貢献度に加算するとしたら、何が起こるでしょう?


倉庫代わりに使う人は残ると思いますが、ここで貢献度を上げたいと思う人は少なからず出ると思うんですよ。
すると「今何がいくらで売れるか」と言う先物取引みたいなビジネス感覚の取引がプレイヤー意識に強く出てくる可能性があります。
大海戦の直前には高値の「名工の大工道具」が並び、大海戦の終了に近づくにつれて値下がりし始めるw
その時々にあった、多くのプレイヤーが望む商品を適正価格で売れる商人の目が、貢献度を獲得します。

貢献度がどうしても欲しければ、貴重な品を割安で売る人も出るかも知れません。
逆に、薄利多売を狙う人も出てくるかも知れません。
生産に使うような材料が並び始め、利便性を購入者に与える代わりに、貢献度が得られるようになります。
ゲーム内での物流が、かなり変わるんじゃないかなぁ、と思います。


また、購入したい品が多数(複数の街・複数商会から)出展されているような場合、どこの商会から買うのか、と言う戦略性も生まれるかも知れませんね。
貢献度が高い商会から買えば、商館が盤石となるので、ライバル商会は貢献度の低い(=人数が少ない・稼働率が低い)商会から買えば、リスクを減少させる事ができます。

と言う事は、規模が小さい商会ほど、商品の回転が速くなる訳です。
貢献度は届かなくても、商品が売れやすいとなれば、それだけで下位商会にもメリットが出ると思うんですよ。



大航海時代オンラインは、その時代の海運業を仮想体験するゲームです。
海戦や冒険などの要素もありますが、基本的には航海者が富と名声を得るゲームです。
ただ、海運業を安全に行うために、武力による安全圏の確保が必要になるから、海事があるんです。
新たな文化の発見、好奇心を満たす未知の発見物にお金を出す富裕層もいます。
もちろん、新たな発見により新しい発想が生まれ、それが新しい商品として現れたり、新しい武器や戦術が生まれる原点にもなり得ます。
こうして、武勇を轟かせる英雄も生まれれば、大冒険の末に巨万の富と財宝を得る冒険家も生まれれば、それらを礎にして堅実に商売をする富豪も生まれるのですね。


なのに、昨今の商人系のアップグレードは商人の魂を抜くような「便利でやり甲斐に乏しい」物が多い。
対人商売は、とかく品物の貴重さ、入手のし難さに値段が付きがちで。
こうした品物の取引に円が用いられる、いわゆるRMT(リアル・マネー・トレード。重大な規約違反)が生まれる要因でもある訳です。

商会ショップでの売り上げを「貢献度」に還元するシステムがあれば、ドゥカートで清算する必要性も生まれるので違反行為の防止になり得ますし、商人が商人らしい対人商売も出来るようになる。
売るだけ損、なんて感じる事もなく、欲しいならショップに出すから買ってね、で済む。
貴重な品や出回りにくい物も出回り始め、価格競争が起こる。
複雑にはなるかも知れませんが、単なる手段だった対人売買が面白くなると思うんですよ。



ただし。
これ実際は相当に難しいシステムを構築する必要がありそうです。
つまり、自分で出展して自分で買い取る、と言う自作自演に貢献度を与えない「判定方法の確立」「制御システムの開発」です。

おっと。

自分に限りませんね、これ。
所属商会員全員って事になるのか。
所属商会員同士のトレードはショップを介さずに手渡しだけにするとか?
…ちょっと不便。

2アカウント使いは、それぞれを違う商会に入れて相互取引すれば良いんですけど、そうする事で貢献度を上げる「基礎」となるべき「納品」の手は分散されますし。
手数料で資産だけが目減りする上に、自作自演に近いショップ売買に時間を取られますから、延々とやる訳にもいかないでしょう。



まあ、単なる思い付きです。
思いついて30分で記事にしちゃったような浅はかなモンですw
実際には、笑師が想像も付かないような欠点があるんでしょうねw


↓ランキング参加中です↓


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

商会の売上が貢献に反映されるのは
凄く面白いなって思いました。

実際には抜け道が容易に
考えられるので難しいのですが・・

私としては
所属のプレイヤーの名声や悪名なども
商会としての町への貢献につながるんじゃ
ないかなって思っていまして
そういうあたりも反映されたら面白いのになって
思います。

売上さん

そうなんですよ~。

絶対面白い事になると思うんだけどなー。

確かに抜け道もあれば、ズルも色々とできそうなんですけどねっw


まあ、でも結局のところタラレバ論の域は出ません(-∀-`; )
それに、これ出来たとしても、純粋に楽しいと感じるのは商人だけかもしれませんねw


商会員の名声は商館維持条件とか、公認ランク維持条件として影響がありますね。
でも、悪名はそう言えばないのかな・・・?


新しい物を作ってリリースしてくれるのは刺激になるので良いんですけど、既存のデータ類を活用して出来る事ってないんですかねぇ。

もうちょっと知恵絞ろうよ、KOEIさん。

プロフィール

笑師

Author:笑師
笑師(えみし)
特性:世話好きなお節介者
特技:原価0で物を作る

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
地見屋の航海日誌感謝の足跡
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
27位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
著作物利用について
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ランキング応援お願いします

FC2Blog Ranking

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
MMOタロット占い
占う相手の名前を言いながら…
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR