航海者養成学校 履修のススメ

みなさん、こんばんは。


ここの所、ちょっと「初心者にも分かる」から遠ざかっていた気がしてきた笑師です。
そんな訳で、今回は思いっきり初心者向けの記事を目指そうと思います。

生まれたてのキャラクター=初心者さんは、まず何をしたら良いのか。

まぁ、後述しますがゲームシステム的に言えば、航海者養成学校を卒業すると言う選択肢をかなり強烈にお勧めしてきます。
もちろん、笑師もこれを推奨する訳ですが…


正直、結構面倒くさいんですよねw
自由に動けると思ったら「これだけはやっとけ」といきなりのノルマのようで(-"-;)
でも、すっ飛ばしちゃうのはちょっと待ってください。


よし、今日は航海者養成学校がなぜ推奨されるのか。
これをお話しておきましょうか。



↓ランキング参加中です↓





生まれたばかりのキャラクターは、4つの言語(所属国と近接3カ国語)と最初に選んだ見習い職に準じた3つの基本スキルを習得しています。
降り立つ場所は必ず冒険ギルド。
ここでギルドマスターとの会話=チュートリアル序章を終わらせない事には、建物の外に出る事すらさせてくれません。
で、ギルドマスターとの会話が終わると、今度は航海者養成学校に飛ばされます。
ここまでは全てのキャラクターが同じ道を辿る訳ですね。

ギルドマスターは養成学校で学べ、と推奨してきます。
プレイヤー知識としての養成学校は、ゲームの取扱説明書とでも言うべき「チュートリアル」になっているので、まぁ当然ですねw
しかし、ベテランプレイヤーが、新規キャラクターを作った場合はゲームのノウハウを教わる必要がありません。
ですから、養成学校に飛ばされた後は、受講しなくても外に飛び出て思うままに動く事ができます。
ようやく自由を手にした瞬間と言う訳ですねw


自由を手にしたと言う事は、誰かに何かを命令される(頼まれる)ことが無い状態です。
ですから、自発的に何かをしようとしなければ、あなたのキャラクターはいつまでも何も変わらないままでしょう。
この世界で何が出来るのか、どんな冒険が待っているのか。
期待は膨らむでしょうが、ちょっと待って下さいねw
まずは、生まれたての子にどんな選択肢があり、何をしたら良いのかを考えないと。
生まれた時からのヒーローも大海賊もこの世界にはいないのですから。




さて、場面は航海者養成学校に飛ばされた所からですね。
キャラクターは作成時に着せた標準服とベレー帽姿。
ギルドマスターは養成学校で学べ、と言っていましたが…

養成学校で学ぶ「絶対的な」必要性は実はありません。
ただ、養成学校を最初にやっつけておくと有利な点は多々あります。



養成学校で受ける仕事(クエストと呼ばれる)は、序盤の普通の仕事より経験値が多め。
ある程度育ってからでも学校クエストは受けられるが、獲得経験値や名声は減る場合があります。

操作の方法などが表示される新設設計。
基本操作を覚えながら経験と所持金、若干の航海用品が増えていきます。
ちゃんと進めていけば、冒険・交易・海事の基本職業の転職状が貰えます。
最初はこれがかなり役に立つでしょう。

航海者養成学校の訓練生になると支給される「制服」はかなり性能が良く、序盤の装備品購入の必要がほとんど無くなる。
道具屋などで買う事ができる装備品は意外に高価。
最初は貧乏な上、収入も大きくないので優秀な性能を持つ制服はかなり重宝する。

養成学校の訓練生専用のチャット板が使える。
訓練生専用なので、どんな基本的な質問をしても恥ずかしくないし、たいていは答えが返ってくる。
自分と同じくらいの初心者が知人になる(結構コレ大事)。
初心者の航海を見守ってくれるベテランプレイヤーが潜んでいる事も多い。

初級課程をどれか1つ卒業するだけで寄宿舎(アパルタメント体験仕様のようなもの)が貰える。
アパルタメント(自宅、とでも思ってもらえれば概ね正解)を本格的に購入するには、冒険・交易・海事のどれかがレベル30・合計名声5000以上になる必要があり、500万ドゥカートの支払いも必要。
平たく言えば、序盤の最初で貰える寄宿舎は非常にお得で使い勝手が良い。

入港できる海域が広がるのが早い(名声に関係なく進度により強制的に広がる)。
ただし、EU全土(東地中海・西地中海・北東大西洋・北海)まで。
以降は国別シナリオを進めるか、合計名声を上げるより他にない。

各クラス(初級・中級・上級)を卒業するごとに、記念船(超高性能)が無料で貰える。

上級過程を卒業すると称号(卒業生)が名乗れるようになり、これによってクエストの提示数を増やす事ができる。

いずれかの中級課程を卒業していないと、将来「ワールドアトラス(海域調査コンテンツ)」が実行できない。



ここまでで、航海者養成学校を卒業したり、履修する事のメリットを挙げてきました。
デメリットは特にありません。
強いて言えば、序盤の難易度が下がってしまうため、難度の高いプレイをしたい場合には弊害となり得ます。
こう言う場合は、最初にこれをやるのではなく、ある程度育ってから卒業を目指すのも良いかもしれません。

航海者養成学校の履修過程では、キャラクターが選ぶ事ができる様々な可能性の一端が紹介されることになります。
のんびりと初心者講座を聞いてられない、と言う訳でなければ卒業しておいて間違いがあるものではありません。
この間に、あなたが興味を持ち、目指したいと思う方向性が掴める可能性が高いからです。


これだけ知ってから、養成学校をすっ飛ばす事にしたなら何も言いませんw
でも、これやっておかなくて本当に大丈夫?
…とついつい心配になってしまいます。

そんなわけですから機会を見て(一応、次回の予定ではいますが…)、養成学校を卒業した直後、または養成学校をまったくやらない場合に、何から始めて行けば良いのかを考えてみたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

笑師

Author:笑師
笑師(えみし)
特性:世話好きなお節介者
特技:原価0で物を作る

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
地見屋の航海日誌感謝の足跡
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
566位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
27位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
著作物利用について
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ランキング応援お願いします

FC2Blog Ranking

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MMOタロット占い
占う相手の名前を言いながら…
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR