副代表とは何者なのか

みなさん、こんにちは。


Eo鯖リスボンジュール・ヴェルヌ遊楽亭。

笑師はここに所属していて、副代表と言う役を預かっています。

今日はこの副代表と言う役割の人について考えて行こうと思います。



代表はちょっと敷居が高いけど、副代表ならやってみたい気がする。

とか

うちの副代表はなんにもしてないように見えるけど、実際どうなの?



副代表って言うのは、なーんか宙ぶらりんな感じの席なんですよねw
DOL初心者の方はもちろん、商会と言う組織に漠然とした不明点を持っている方の参考になれば良いなァ、と思います。


↓ランキング参加中です↓





現実世界において、副代表と言えば。
普通は代表の代行ができる人物
と言う事になるでしょうか。

組織をまとめ、最終的な決定が出来る「一番手(代表とか社長とか監督)」は、ややもすると「独裁」とか「独善」的になってきます。
それでは、組織の進む方向性として有益ではなく害を及ぼすと多数が認識した場合、副代表は代表の権利を剥奪できる…

まあ、大袈裟かも知れませんが「副」と言うのはそう言う存在であるかと思います。
しかし、一番手が間違った道を歩こうとするのは、そう頻繁にある訳ではありません。
いや、頻繁であっては堪らないんですけどw
そうなると、普段の副はこれと言って仕事がありませんねw
しかし、ほとんどの「副」は「一番手」に次いで正しい判断を下すことが出来る人物です。
つまり、物事をよく把握し、その組織の目的を達するための判断を一番手に次いで正しくする事ができる。
一番手が道を誤ったと判断する事から事からも、その場合には自分が一番手に成り代わる事からも、実力は一番手に肉薄する必要があるんですね。

ただ、これは現実世界の組織における「副」の話です。




ではDOLの商会においての副代表ってなんなんでしょうか。
商会の代表の仕事は、商会の維持・存続に大きく関わる部分でした。
さらに、開拓街や貿易港についても代表の決定は絶対であり、他の誰にも覆すことは(話し合いとか説得と言う事ではなく、強制的に)できません。
首尾よく商会が公認商会となった後は、公認ランクの上昇権利も代表だけができるものです。
もっと言ってしまえば、ドクロマークの自爆ボタン、つまり解散ボタンも代表だけが押す事のできる核ボタンです。


副代表はと言うと。
商会への新規加入申請の受理、商会アピール文の改編、商会一斉メールだけです。
つまり、副代表は商会の方向を「決定する」立場にはないのですね。
現実世界にあるような「代表が道を誤った時」なんて言うのは想定にないんです。
そもそも、商会の運営について「正誤」という概念がありません。
ですから、代表が持っている決定権と言うのは代表の責任において実行されて良いものです。

とは言っても、代表は商会メンバーの「強制除名」なんて恐ろしいボタンも持っています。
むやみとこれを押すような代表は「道を誤っている」ような気がしないでもありませんが、それすらその商会の意思であれば正当化されます。
気心知れた内輪以外の人に加入され、かき回してもらいたくないような場合があるからです。
KOEIは商会と言う組織について、特に模範や規範を提示していません。
「このような組織であるべきだ」と言う固定概念は存在しないのですね。
ですから、ゲームシステム上での理由で副代表は選ばれる訳ではなさそうです。


しかし、副代表と言う存在はやはり重要であると言えると思います。
代表は完全に独立した権利を持つとともに、その実行に責任も負うものです。
しかし、中の人は普通の人間ですから、学校もあるだろうし仕事もありますw
365日休みなしに「ログインしなければならない」なんて拘束力はどこにもありません。
旅行にも行くだろうし、入院したり寝込んだりする事もあるでしょう。
もしかしたらお小遣いが尽きて課金できていないのかも知れません(-∀-`; )
第一にはこうした「代表不在」の期間に「他のプレイヤーの時間を出来るだけ奪わない」ために副代表は存在すると笑師は考えています。

新規の加入申請者の受理、商会の方向性の微調整、告知事項の伝達などは常に流動的な部分です。
出来るだけその機会を多く設けなければ「商会に貢献」しようとした誰かの努力は一足遅れで徒労に終わるかも知れません。
ですから、こうした

「時間的にできるだけ速やかに処理したいもの」

は代表が不在になったせいで滞りたくない訳です。
そのため、代行できる者が必要になるのですね。


さらに、副代表の担う部分は他にもあると言えると思います。
例えば何かしらの判定が必要になった場合。
代表の一存で決めていく商会は、よほどの説得力が無い限り「独裁的」になっていきます。

例えば、商会員同士のもめ事があったとします。
DOLではもめ事もトラブルも、全てプレイヤーの責任で解決しなければなりません。
そこで、判定役とか仲裁役が必要になる訳ですが。
個々の問題はともかく、もめ事が商会の内規やマナーに関わる事となると、これは代表が適任でしょう。
ところが、この判定役が白と言えば白、黒だと言えば黒になる可能性がある訳です。
代表と言えども四六時中監視している訳でもなく、状況を完全に把握できている訳でもなく。
まして私情や自己の利益や損失が絡んだ時に、全商会員が納得の行く決定ができるでしょうか?
そこで、より多方向からの目線を加えて適正に判定をするために副代表の出番となるんですね。
代表が白と言っても、副2名が黒と言えばそれは黒の可能性が高い。
このように判定を複数で行う事で、間違いや不公平が起きないように予防線を張れるのですね。


さて、予防線を張るためにその存在を必要とされる副代表ですが。
こうなると(非常に曖昧な基準になってきますが)、副代表と言う立場に最も必要な能力は「信頼される」と言う資質ではないでしょうか。

代表の意思を受けて、会員にその意を通知する場合でも。
会員の総意を代表に訴え出る場合でも。

1:多数での話し合いでは混乱を招くので「多数側」の取りまとめ役が必要になる訳です。
一旦自分の中で消化して、まとめる能力も要るのかもしれません。
絶対権利の代表と、数で勝負の一般会員。
この間で話し合いがあるとすれば、多数側に副代表が立たねば話し合いにすらならないでしょう。

この時、多数に属する会員は自分の意思を副代表に預ける事になるのですが、信をおけない人に自分の意思を託す事ができるでしょうか?

副代表自身に不利益となるような場合でも、公平誠実に聞いてくれないと困りますよね。
代表の立場に立ってみても、やはり副代表には信頼が欲しい所です。
自分が不在の間に不本意な新規加入(PK禁止なのに海賊が加入しているとか)をされても困るし、代表代行の威を借りて商会員から搾取してもマズイわけですから。
そう言う意味では、商会と言う組織の中で最も信頼されなければならないのが「副代表である」とも言えるかも知れません。



信頼を得ると言うのは、簡単なようで実は結構難しいものです。
知ったかぶりをしたり、自分の知識能力を自慢するようなタイプもまた信頼を得る事は難しい。
一度でも信用を裏切れば、二度と完全な形で戻らないのが「信頼関係」です。
ミスをしたらミスだったと認め、知らない事は知っていそうな人に確かめる。
驕らず、騙らず、自己利益への興味が薄く、そして文字と実行だけのコミュニケーションで礼を失しない…努力をする人。
笑師はこうした人物こそが副代表に相応しいと考えています。

ここの主張は、数多の代表はそれぞれの基準をお持ちでしょう。
それを否定するつもりはありません。
代表が出来ない事を埋めてくれる人がいい、とか。
代表が相談できる超ベテランがいい、とか。
いずれにしても、自分に対して誠実に話を聞いてくれる人ですからね。


となると、ぶっちゃけた話w
これまで、何度かコミュニケーションに失敗して喧嘩別れした経験があり、出来ない事も苦手な事もある笑師が副代表なんぞに向いているとは思えないのですが…(-∀-`; )
しかし、代表としての責任を全て負おうとしている当商会のでっぷさんから頼まれたとあっては断る訳にも行きますまい。
かれこれ2年にもなりますかね、副代表を預かってから。
代表としてのでっぷさんがやりたい事をやれるよう、最大限の応援をするのが、ここでの笑師の副代表としての仕事だと思っています(`・ω・´)


副代表と言う立場は、商会と言う組織の中では最も宙ぶらりんで、難しい席かもしれません。
商会を立ち上げたあなたが、ある程度育った商会の中で副代表を選ぶとしたら。

商会員がよく相談する相手。

面倒見が良く相談を親身に聞いてくれる人を、商会員は正確に見抜きます。
よく相談する=いつでも相談できて相談しやすい=ログイン率高い
でもありますから、あなたが長期不在に陥っても支えてくれる可能性は高いでしょう。
大切な商会を、同じように大事に思っていると信じられる人。
副代表には、そういう人を選ぶと良いかも知れません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やっほっほー!

副代表の話、非常に耳がいたいわw

何故って私、海事も冒険ツアーも南蛮貿易も
まだまだできない状態なのです。

なので、育成方面は会長含め、商会員の方におんぶにだっこ。
非常に心苦しいところです。


ただ、それでも。
副を受けた以上、商会にとってなくてはならない人。
そうなる努力はしていくつもりです。

と言っても、計画しても実行困難になったり、
実行してもあとで困ったりすることばかりw

だから楽しいのかもね(*^^*)

まだまだ我慢させてばかりで恐縮だけど、
昨日より明日、良くなれるように。
これからも心がけます。


なお、クイズ屋は冒険家に転職したようです(え

elieさん

海事も冒険ツアーも南蛮も、必要であればやれるようにしたら良いだけですよ(^-^)b

キャラクターの育成は確かに、商会のメンバーに頼られた時に「出来るようにしておけば良かった」と思うものですけど、後付だってかまいませんw

現に、笑師も副を預かった時点では何一つ生産マイスターになっておらず、造船にいたっては拝命してから1年後www

それより「いつかの誰かのために、努力する」姿勢がメンバーの信頼を集めると思います。
ま、冒険や生産、海事はやり始めれば楽しいものですしw

elieさん自身、何が楽しいのか、楽しんで経験しながらみんなと目線を合わせて行けば良いのだと信じています。

がんばれーーー!
プロフィール

笑師

Author:笑師
笑師(えみし)
特性:世話好きなお節介者
特技:原価0で物を作る

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
地見屋の航海日誌感謝の足跡
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
1086位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
59位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
著作物利用について
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ランキング応援お願いします

FC2Blog Ranking

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
MMOタロット占い
占う相手の名前を言いながら…
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR