造船強化プランの理論検証

みなさん、こんばんは。



昨晩は、商用サムブークの強化プランを例として挙げました。
考え方としての説明は一通り済んでいるのですが、念のために補足しておきます。

強化結果に応じたプラン修正と、異なる強化プランとの結果の違い。

この辺を理論検証してみたいと思います。



昨晩考えたプランでは、帆性能の強化値が期待値で縦75、横80となりました。
強化値上限である縦横+70を超過した強化値があります。
では、この超過分は本当に無駄なのでしょうか?

超過分はいくつか、と言うと…

縦 +5
横 +10

結果から言えば、このホンの少しの超過分を「ジャスト」にするために抜いて良い素材は一つもありません。
仮に防汚塗装を抜くとすると、試算に対する期待値での補正は

縦 -10
横 -5

となりますので、縦+65の横+75となり、縦帆が欠けてしまいます。
さらにここで1枚のガフをラテに変更し、ガフとラテの数値差を計上すると

縦 +10
横 -5

となり、結果は縦+75、横70となります。
この数値は帆性能だけ見ればほぼジャストなのですが、防汚塗装を抜いてしまうと急加速が付きませんから、これは具合が悪い。
何かひとつを抜いてしまうと、期待値としての強化上限値を割り込んでしまいます。
ですから、素材のチョイスとしては例え強化期待値が微量超過していても、最低限と言う事が出来ると思います。


では、昨晩最初に組んだ次の素材帆の組み合わせはどうでしょう。
偏りがあるから、と言う理由だけでラテ2枚をガフ2枚に変更しました。
この変更をせずに、ラテ2・スク2・ガフ1で進め、不足分を兵装で補っていたら?

帆性能の不足分を埋める兵装として最強なのはマストです。
商用サムブークは中型船なので中マストと言う事になります。
最初の組み合わせでは防汚塗装を含めて…

縦 +80
横 +55

でした。
中マストの強化期待値は縦横ともに+15です。
中マストの強化値を上の数値に足す事になりますから、期待値は

縦 +95
横 +70

となります。
これはこれで要望を満たしていますから、充分な気がします。
ですが、ここで理論の落とし穴があるんですよ。


今、ここで計算しているのは「期待値」です。
確率的には低いとは言え、各強化の結果で「大成功」や「失敗」を引いて、誤差が出る可能性は非常に高い状態の計画なのです。
上のプランで強化を進めるとなれば、横帆強化に当たっては「絶対に失敗できない」状況と言えます。
万一失敗して数値が欠けたら、どこかで大成功を引かないと穴埋めができません。
最後の最後まで大成功がでないとなれば、帆性能を強化する素材をもう一つ兵装に入れる他ありません。
すると、旋回や対波強化のための素材が一つ代わりに削られてしまうのですね。



一方、昨晩修正したガフ3・スク2のプランの期待値はと言えば、中マストを一つ投入した状態で

縦 +75
横 +80

でした。
この状態であれば、万一失敗を引いても、縦は1回、横は2回までならプラン修正を要しません。
すなわち、兵装枠に入れた旋回・対波強化素材を外さなくてはならない確率がぐっと減る訳です。
帆の組み合わせをちょっと変えてみるだけで、リスクを軽減できるのがお分かりいただけたでしょうか。


では、縦1回、横2回の失敗を引いてしまったら、すぐに帆性能の不足に直結するのでしょうか。
船の強化に際しては、ちょっとしたプラン修正のコツがあるのです。



中型船の強化帆は、セウタやアントワープ、オポルト、バレンシア、ピサ、サロニカ、ラグーザなどで作る事ができます。
材料はどれも一律で、強化ロープと木材20、麻生地20で作る事ができます。
中帆を造る事ができる街で船の強化を進めれば、必要な帆をその場で変更しても、用意しなければならない材料に変更がありません。
どういう事なのか、説明をしていきますね。


まず、ベースプランとしてガフ3・スク2・防汚塗装と中マストを投入する予定で考えていきましょう。
先も言った通り、縦は1回、横は2回までの失敗が許されます。
期待値は

縦 +75
横 +80

です。
ところで、縦帆強化をする主帆は2種類横帆強化をする帆は1種類しか無い事に気付かれたでしょうか。
横帆性能は主帆だけで見ればスク帆の一択です。
一方、縦帆は強化値が低めな代わりにマイナスの無いガフ、強化値は高いがマイナスのあるラテがあります。
縦帆には選択の余地がありますが、横帆には無い。
これは船の強化全般に言える事ですが、最低限必要な横帆の投入を先に済ませてスク帆での強化値を先に確定する事で、縦帆強化に選択肢の幅が生じます。

今回はOP付与のため、防汚塗装とガフ1も確定ですから、これを最初にやっつけます。
防汚塗装がもたらす横帆強化値も確定できますし、何かの間違いでOPスキルが付かなかった場合にもやり直しによる素材の被害が最小限で済みますから。
次に、横帆のスク帆を2枚入れつつ、調理室なり舫綱なりの予定の兵装を投入します。
中マストはまだ入れないで下さい。

この時点で3回の強化が済んでいる筈です。
横帆の値は+50~+80です。
全部失敗で+50と言う事はまず無いだろうし、全部大成功で+80になっている事もまずありません。
基本的には期待値の+65が標準です。

ですが、この時点で期待値と実際の強化値に誤差が出ている場合があります。
±5の誤差毎に、失敗または大成功が1回入った事になります。
もし、ここで横帆+70となっていたら、このあと2回3個(ラテ2と中マスト)の縦帆強化の失敗対策を取る事ができます
中マストは最低でも横帆性能をさらに+10強化してくれますから、この分だけラテ帆を使えるんですね。
中ラテを放り込むと、最低でも横帆の減少は-10ですから、一枚はガフをやめてラテに変更する事で、縦帆強化の失敗対策になります。


鋭い方はお気づきでしょうか。


強化をやる港が強化素材帆の生産港であった場合、予め決めた帆を完成形で持たず、材料の形で持ち込む事ですぐに変更対処が可能です。

素材帆5点を持ちこむのも、強化ロープ5点と交易品200個を持ち込むのも、さほど大きな変わりはありません。
中型船の強化は、中帆作成港でやれば投入帆を決めてから作る事ができるので、ロスがないのです。
大型船に使う大帆はカリブで作りますが、カリブで強化作業をやれば同じ事が言えます。
ただし、大型船の強化の場合に必要な大帆は縫製スキルも最大15を要求されます。
強化する船によっては造船優遇と縫製優遇を両立することが出来ないので、支援が必須となるので注意です。
中型船に使う中帆は縫製10あれば全て作れるので、縛りなく対処が可能なのですね。


さて、最初のガフと防汚塗装、4回目のラテの縦帆強化値に期待値が出ていれば現在の縦帆強化値は+60です。
スク帆2枚による縦帆減少値が期待値であれば+50を維持しているでしょう。
この状態であれば最後の縦帆強化で最低値を引いたとしても、ガフ+15と中マスト+10で+25は確定ですから、縦帆の最大強化は揺るぎません。
ですから、この時点で横帆が+60を超えていれば、最低でも中マスト+10を得て横帆の最大強化は完成です。
最後のガフと中マストなら、横帆の減少は絶対にありませんからね。


船の強化プランのはじめは期待値での理論計算です。
結果が少し変わる事もありますが、完成度の高いプランは修正と補填の計画も内包しています。
また、強化の順番(強化値の確定順)も大事だと言う事がお分かり頂けたでしょうか。


やっつけと思い付きで実行した強化は後でやり直しになる事が多いものです。
決して安くは済まない、時間も手間も使う船の強化ですから、慎重に。
がちゃがちゃと組んで上手くやれるのは熟達のベテランだけですw

今すぐちょっとだけでも良くしたい、という間に合わせの強化なら話は別ですが、ちゃんと仕上げて長く使いたい船なら、時間をかけてじっくりと取り組んで欲しいと思い、書き連ねました。





↓ランキング参加中です↓



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

笑師

Author:笑師
笑師(えみし)
特性:世話好きなお節介者
特技:原価0で物を作る

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
地見屋の航海日誌感謝の足跡
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
713位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
34位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
著作物利用について
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ランキング応援お願いします

FC2Blog Ranking

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
MMOタロット占い
占う相手の名前を言いながら…
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR