貴金属取引 と 宝石取引

みなさん、こんばんは。


取引スキルの紹介を続けます。
+3家具に要求される取引スキルは、残すところあと1つ。

今日は貴金属取引と、もうひとつ、宝石取引を勉強していきましょう。

どちらも、高価な交易品を取り扱うので儲けが出そうですもんね。



貴金属取引(カテゴリー4)
貴金属とは、金属の中でも産出量が少なく、それでいて利用価値の高いものです。
見た目もキラキラと輝いていて、鉄や銅などとは光沢が違います。
なぜ利用価値が高いのかと言えば、見た目の美しさと加工の容易さを同時に兼ね備えているので、美術品や工芸品の製作はもちろん、服飾にも使える細やかな細工までできるのです。
航海者が交易所で購入する事ができる貴金属は以下の4つだけになります。


砂金

プラチナ

貴金属は、非産出国で売却すれば、ほぼ間違いない利益を約束してくれます。
ですが、貴金属の本当の価値は生産に使う事で本領を発揮します。

銀は錬金術の材料の基礎です。
魔術の刻印の生産には大量の銀を使います。
先に進めば今度は銀より金を大量に使うようにもなります。

金は地方海賊の上納品の材料です。
地方海賊の上納品は、停戦協定状では効力を持たない強力なNPC海賊の襲撃を100%停止させることができます。
また、商会の貢献度を上げるための「納品」に指定される事もあり、こうなると大量に消費する事になりそうなものです。

さて、このように銀と金は両方とも大量に使う可能性があるので、特に錬金術師は貴金属取引があると便利そうです。

ですが、ちょっと待ってください。
金や銀は、ナイル川周辺のダンジョンで宝箱から入手する事も可能です。
もちろん、ダンジョン内の敵に勝てないといけませんが、これなら高価な貴金属は使う分だけタダで入手する事もできます。
しかし、ダンジョンの特性として、常に同比率で金銀を獲れる訳ではないので時間がかかると言った点もあります。
常日頃から金や銀を集めては加工したり保管しておくなら、金銀の需要はこうして満たす方法もあります。

では、砂金とプラチナも見てみましょう。

プラチナは東アフリカの名産交易品ですが、特に生産で使う事はありません。
金より希少なはずですが、この時代はまだ金の方が価値が高く、EUにおいてはコショウの方がさらに高い価値を持っていますから、わざわざ東アフリカまで行ってプラチナを狙って積む人は少ないのではないでしょうか。

一方、砂金はハバナで鋳金して金に代える事が可能です。この鋳造加工が、破壊的な鋳造の熟練を生みますから、鋳造スキル鍛錬の最後の段階に砂金加工=鋳金を持ってくる人は多いのです。
砂金とは言え貴金属ですから、産出量は少なく、一度に購入する事ができる数は多くありません。
この方法で砂金を使う場合は、貴金属取引が必須になりそうです。

また、工芸と鋳造を同時に優遇に持つ優秀な中級職業の「両替商」になるには貴金属取引R5が必要になります。もっとも、貴金属取引はブーストアイテムも多いので、転職するだけならランクは1でも可能です。

総合すると、錬金術や地方海賊の上納品を常に作るような場合で、材料の金銀を購入する方針でいる場合は取引スキルが必須。
ダンジョンでの入手や色鉱石(黄色から金、白から銀が鋳造できます)の利用、ショップやバザーで揃える覚悟があるなら不要と言えそうですね。



宝石取引(カテゴリー4)
宝石は純度の高い炭素の結晶で、微量に混じる異元素によって…
なんて小難しい話はゲームには関係ないですね(汗)
宝石は多くが名産品です。

ルビー
ダイヤモンド
キャッツアイ
エメラルド
水晶
象牙
サンゴ

他にも色々ありますが、大きく利益が出たり購入しやすいのは上の品物でしょうか。
よく宝石をあしらった装飾品が「アメジストのブローチ」のように取引スキルブーストのアイテムとして登場しますが、これらは宝石があっても作る事ができません。
殆どの宝石は生産の材料にならず、単純交易で利益をあげる品物です。
この中で、水晶だけは生産の材料として別格で、上級錬金術の材料として数を使う人もいます。
取引スキルがなければ名産宝石は一度の購入量が2個とか多くても6個とかなので、これを交易や南蛮取引のネタに使う人は相当な宝石取引のRと仕入発注書を消費する事になります。
取引スキルを上げて大量に宝石を仕入れても、利益率でコショウには敵いませんが、宝石には「燃えない」と言う強みがあります。
インドまで行ったばかりの中級のうちは使い勝手がありそうな気もします。

さて、転職クエストとしては宝石商になる場合に宝石取引R5が要求されます。
宝石商は縫製と工芸が同時に優遇で、冒険スキルである財宝鑑定も優遇と言うちょっと異色の職業です。とは言っても、探索が優遇でない分、宝石商で財宝鑑定をやるのはあまり得とは言えません。
基本的に、取引スキルは街中でしか使いませんから、積荷を積み込んだら盗賊なり財宝探検家になってやる方が熟練や経験値的に得なのですね。

もし、このスキルを取って伸ばすのなら、いきなり名産宝石に手を出すのは我慢して、象牙や水晶など、一度の購入量が多い宝石で素のランクを底上げしてからの方が良いでしょうね。



↓ランキング参加中です↓


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

笑師

Author:笑師
笑師(えみし)
特性:世話好きなお節介者
特技:原価0で物を作る

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
地見屋の航海日誌感謝の足跡
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
11位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
著作物利用について
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ランキング応援お願いします

FC2Blog Ranking

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MMOタロット占い
占う相手の名前を言いながら…
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR