香料取引 と 雑貨取引

みなさん、こんばんは。


今日も取引スキルのお勉強の時間ですw

今日の課題は香料取引と雑貨取引にしましょうか。
共に書類+3家具製作に要求される取引スキルですから、比較してみましょう。



香料取引(カテゴリー4)
香料は名の通り「香りのするもの」です。
香水のように揮発する時に香りを発するものや、燃やした時に香りを発するタイプの物があるようです。
航海者が良く購入する香料には以下のようなものがあります。

唐香木
白檀
麝香
安息香
龍脳

香料は基本的には生産の材料にはなりません。
ですが、香料をネタに南蛮取引をする際には、かなり高い交換率になる物が多いのです。
ですから、南蛮取引に香料が使えれば高い確率と短い時間で大きな利益を稼ぎ出す事が可能です。
ところが、香料は高価な物が(贅沢品ですから)多いので、一度の購入量が少ないのですね。
そこで、南蛮取引の持ちこみネタに香料を使う人は、香料取引が外せないスキルになってきます。

上の5つの交易品のうち、唐香木と白檀、麝香はいずれも南蛮取引に有効な商品です。

安息香と龍脳は東アジア文化圏とは隣接した東南アジア文化圏の名産香料なので、南蛮取引には使いにくい。
ですが、南蛮取引のために仕入れ発注書を使い、帰りに仕入れ発注書を入手できるクエストを選択すると、これが安息香や龍脳の納品なのですね。
納品クエストですから、一度に要求される数は少ないのですが、東南アジアからEUまで運ばなければなりません。
長距離配送の割に火事には燃える可燃物と言う事もあってか、EUでショップ売りすると良い値段で売却する事ができます。

香料取引は、初心者には習得しずらい仕様になっています。
ですが、初心者が香料を使う必要性に迫られる事はほとんどありません。
インドに到達し、南蛮取引を始める頃に欲しくなってくるスキルなので、急いで習得しなくても良さそうです。




香料取引は書類+3家具を製作する時に使えるスキルですが、もうひとつの雑貨取引はどうなんでしょうね。

香料取引が南蛮取引用とかなり限定された使い道になるので、雑貨取引が優秀なスキルであればそっちを習得したい所です。




雑貨取引(カテゴリー1)
えーと。
実は、雑貨取引の話はすぐ終わります。
なぜかと言うと…

洋書

EUで購入する事ができる雑貨は、これしかないんですw
洋書は錬金術の生産では材料となり得ます。
また、華南(中国)との南蛮取引ではそこそこの交換率になります。
しかし、南蛮取引に使うネタであれば、やはり数種類の選択肢がある香料を選択する方が現実的です。

その上、洋書は紙から作る事も可能です。
はっきり言って、洋書だけを大量に買って雑貨取引スキルを上げるのは非常に苦しいと思います。
洋書を使いたい場合は、工業品取引と工芸スキルで紙から生産する方がよっぽど楽。
ちなみに、東南アジアはマニラ(華南の最寄り隣接文化圏)で、マニラ麻(繊維)を買って工芸で「紙」を生産すると、紙を材料に洋書が作れます。
わざわざEUから長距離持ってこなくても、取引に洋書を使いたければこんな方法もあるのですね。


雑貨取引は超限定的な上げ方しかできません。
使い勝手が良いとはちょっと思えないんですよね。


書類+3家具を作りたい、と言う前提の取引スキル構成にするなら、雑貨より香料でしょうね。

ただし、香料取引はなくても南蛮取引に有効な物は他にもあります。
家具製作にこだわらなければ、香料取引も不要なのかもしれませんね。


↓ランキング参加中です↓



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

笑師

Author:笑師
笑師(えみし)
特性:世話好きなお節介者
特技:原価0で物を作る

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
地見屋の航海日誌感謝の足跡
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
13位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
著作物利用について
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ランキング応援お願いします

FC2Blog Ranking

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
MMOタロット占い
占う相手の名前を言いながら…
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR