織物取引 と 火器取引

みなさん、こんばんは。


4月上旬が終わり、中旬にさしかかってきますね。
ワールド統合に伴うキャラクターの移転申請の締め切りは5月13日です。
アイテムなどの整理もありますから、キャラクターの削除が避けられない方はそろそろ削除するキャラクターを本気で検討しておきましょうね。



さて、取引スキルについての話です。
趣旨としては各取引スキルの使い心地と言うか使う頻度、必要性などを少しずつ確認しようとしている訳ですが、さてどこから手を付けたものでしょう?


笑師は生産職人です。
パッケージ封入の同梱レシピは、ゲーム内取引で流通しない限り入手する事はないでしょう。
ですが、それ以外の品であれば、ほとんどどのような物でも造る事が出来ると自負しています。
(生産スキルはカンストしていても、材料の入手が困難な場合も多いです)
前回触れたように、生産するにあたり「補助スキルとしての取引スキル」を要求される事があるので、これを満たさないと「作れない物」が出来てしまいます。
ですから、補助スキルとして要求される事がある取引スキルから考えてみることにします。

取引は売買利益目的だけだよ、生産はやらないよ、と言う方は今日の記事はすっ飛ばして大丈夫ですw




補助スキルとして取引スキルを要求されるものには、以下の物があります。

家具の生産
補助帆の生産(織物5)
装甲の生産(工業品5)
大砲(側舷砲など交易品でない)の生産(火器5)

家具の生産については、家具の種類が多いため、かなり多様な取引スキルが要求されます。
ですが、ここでは+3性能を持つ家具に絞って話を進めます。

装備品+3家具   織物取引10工芸品取引8
船部品+3家具   火器取引10武具取引10
消耗品+3家具   繊維取引8貴金属取引8
書類+3家具    雑貨取引8香料取引10
交易品+3家具   調味料取引10嗜好品取引8

このように、+3家具は各収納枠に対して2種類の製法があります。
材料や名前、見た目こそ違いますが、機能や性能は全く同じです。


ここでの取引スキル習得の計画の前提は、作れない物を無くす方向で考えて行きます。
ですから、家具についてはどちらか一つが要求ランクを満たしていれば良い訳です。
+3家具の製作には主スキルとして工芸R18を要求されるので、初心者さんから見たら途方も無く先の話のように思えますが、取引スキルは伸ばすのにお金と手間暇がかかります。
ですから、早い段階で育てる物を決めておくと後が楽なのですね。
では順に見ていきましょう、と言いたい所ですが。
よく見てください。


補助帆を造るための「織物取引」と装備品家具を造るための「織物取引」が重複しています。
つまり、織物取引があれば、いつかは補助帆も装備品家具も造れるようになるわけです。
同じ要領で、大砲を造るための「火器取引」が、船部品家具を造るための「火器取引」と重複しているのに気付けますね。


と言う訳で、今日は織物取引と火器取引をご紹介しますw



織物取引(カテゴリー3)
織物とは、生地や繊維を紡いで作る布です。
生地も「布」つまり織物ですが、染めたり縫製加工をする事で更に価値の高い交易品や装備服になったりします。
織物に属する交易品のうち、生産や交易に使いやすいものには以下の物があります。

麻生地
絹生地
ベルベット

もちろん、他の織物も入手の機会は割と頻繁です。
ニットや綿生地、ツイード、フランネル…
しかし、これらは通常、縫製スキルを上げる過程で入手する「結果」でしかありません。
取引スキルは「購入する」場合にのみ使うスキルなので、生産の結果として入手する交易品には関係がありません。

麻生地は予備帆の材料です。
また、造船に深く関わりを持つ各サイズの「ラティーンセイル」「スクエアセイル」「ガフセイル」に必ず使用する材料でもあり、補助帆を作る際にも使います。
DOL内で最も需要の高い織物ではないでしょうか。
ですから、織物取引は縫製スキルとの相性が抜群です。
縫製をやらずとも、各地の名産品には織物が多いのも、特徴と言えるでしょう。
世界各地に名産織物があるので、取引スキルを上げるのもさほど苦は感じません。

綿生地は服装備品の材料にもなりますが、意外なところでは「目印のリボン」の材料でもあります。
ベルベットは高級服装備品に多く使われる材料で、商会納品物に高級服が指定されると、このスキルの有難味を再認識できそうですw



火器取引(カテゴリー3)
火薬を使って弾を発射する構造を持つすべての射撃道具、またはその弾、火薬そのものを包括して火器と呼んでいます。
射撃道具とは言え、火薬を使わずに「矢」を飛ばす「弓」は火器ではありません。
火器に属する交易品で、航海者がよく入手するものには以下の物があります。

マスケット銃
大砲
砲弾
火薬

マスケット銃はEUの名産品です。インドや東南アジアに持ち込めば、かなりの利益が出ます。
カテゴリー3を入手する交易クエストに、セビリア発ジャカルタ行き・マスケット銃5箱の納品をする「ヨーロッパの武器」があります。
距離は遠いのですが、東南アジア方面への往路で仕入れ発注書を大量に獲得できる数少ない優秀なクエストです。このクエストでは納品物に指定されています。

大砲と砲弾は、船に装備する各種側舷砲、船首砲、船尾砲の材料にもなります。
高い性能を持つ武装大砲は、大量に交易品大砲と砲弾を使いますが、一方で鋳造も高い水準が要求されるようになります。鋳造と火器取引は非常に相性が良いと言えるでしょう。

火薬は商会の納品物指定の可能性を持つ「火炎壺」の材料のひとつです。
ですから、場合によってはその街の商会全体が血眼になって火炎壺を作る訳ですが、少ない仕入れ発注書で大量に火薬が買えると作業が非常に楽にはかどります。

ですが、やはりこのスキルが本領を発揮するのは武装大砲を生産する時でしょうね。





さて、今日ご紹介した2つの取引スキルは、家具作成に必要なスキル、が前提でした。
もし、取引スキルが家具製作でしか本領を発揮しないとなると、これはちょっとお勧め出来そうにありません。
折角習得するのですから、やはり頻繁に使う物を選びたい所ですよね。
織物取引と火器取引は、家具製作だけでなく、ちゃんと有効な使い道があるスキルです。
枠が許せば2つとも積極的に習得したいものですね。



↓ランキング参加中です↓



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

笑師

Author:笑師
笑師(えみし)
特性:世話好きなお節介者
特技:原価0で物を作る

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
地見屋の航海日誌感謝の足跡
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
566位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
27位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
著作物利用について
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ランキング応援お願いします

FC2Blog Ranking

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MMOタロット占い
占う相手の名前を言いながら…
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR