造船ってなんだ?

みなさん、こんにちは。

すっかり更新が止まっておりました(^-^;)

言い訳をさせていただけるなら、単に造船修行をしていただけで、以前の行動と何も変化がなかったからなのですが、それは建前と言うもので(自分でバラすものか…?)。
まぁ、要するにアレですよ。
PC上ではちょっと忙しくあれやこれやと作業をしていたのです。
リアルの事情なので、ここら辺は突っ込まないでくださいw

さて、今日は造船のうち、船の「強化」と呼ばれるものをやってきました。
強化については、SSも撮ったので後で上げるとして、まず造船ってなんなのか、と言うお話です。


船、と言うのは造船所で親方が売っているアレです。
バルシャに始まり、様々な船を売っています。
ゲームを始めた瞬間、キャラはいきなりバルシャを所有する船長です。キャプテンです。エラいんです。
ゆえに、この船をどう使うか、は船長たるアナタ次第。
船長がたくさんいれば、やりたいことも違うし、船の使い方も違うし、積荷も航路も違うでしょう。
なのに、船は一律とかw
最初のバルシャでどうにかやり手の航海者として財産を築くことができれば、真っ先に投資するべきはリスボンのブラガンサ侯爵でもなければ、セビリアのタベラ枢機卿でもありません。

え?
なに、自分に投資して美味しいものを食す、とな?

まあ、お腹にタンパク質を蓄える、と言うことであれば、投資と言えないこともないけど…(-∀-`; )

ずばり、最初に投資するべきは、船です!(キリッ

と言うのが持論です。
船は消耗もせず、壊れも傷みも盗まれもしません。
一方で、移動の速度も、積荷の量も、全部その「愛船」が決める事です。
愛船の能力を十分に発揮できるかどうかは、手綱を握る船長の能力ですけど。
船長の能力がバルシャ止まりだと…まずいなぁ。話にならないw
まあ、普通は大きな船に乗れるだけの手腕があるものです。ゲームシステムで話してしまえば「レベル(LV)」。
解釈的な言い方をすれば、大きな船に乗っても分相応だと思われる威厳と貫禄、そして統率力。
こうした実力があるのに、わざわざ遅い船や積み荷の小さい船に乗る事ないでしょう。
手持ちの金額、キャラのLVが許す限りの高性能な船を買って大丈夫!
…とは言え、初心者さんは新しい船を買うにもビクビクです。
1週間かけて稼いだ儲けのほとんどが、船代として消えちゃうんですから。
でも、それはそれ。
船は資本です。新しい、早くて大きい船に乗れば、今まで以上に効率的に稼ぐことが可能です。

話戻しますw
造船所の親方は、同じ型の船なら、正確に同じ能力・仕上がりの船を売ってくれます。
親方売りの船は均一で、正確で、でも…大量生産の量産型でもあるんですね。
本来はもっと良い船にもできる筈の良い木材があっても、他の船に合わせて悪く作っちゃう、均一型の量産品。
もし、船の造り方が親方一家の一子相伝とかで、独占市場だったら仕方ない。
諦めて親方の顔色伺いましょうw
でもね、親方も人間、自分も人間。親方にできる事が自分にできない訳がない。
親方と同じスキルがあれば、自分用として良い素材を悪く使わなくてもいい。それだけ良い船ができる。
と、言う訳で、造船スキルで実際に船を建造しながら、どうしたら良い船ができるのか、実験と経験を重ね、職人の技を研究するのが「造船修行」の中身です。

ゲーム的なルールシステムで言ってしまえば、これは親方の船を改良・強化して性能をあげたり、船自体を部品から製造したりするスキルです。
分かりやすく表現すれば、鉄と木材から船の製造や改造ができるスキルなのですね。


さて、造船は自分でやるので、親方の手は借りない!
と息巻いても完全に親方を無視するのはさすがに無理ですw
船と言うのは、陸の上で完成するものではありません(この辺知ったかぶり)。
船底の部分(竜骨含む船体。水に沈む部分)はさすがに陸上で作りますが、あとは水に浮かべて造るんですね。
つまり、船を停泊しておける港湾施設を確保しないといけない。
ここら辺は造船を親方に申し入れして手続きした後、洋上で船毎に異なる造船日数を過ごさないといけない、と言う部分に表現されています。
普通は港湾内でやるんでしょうけど、うっかり高速船で移動したら、建造に関わる作業員は命がけですよねw
インド洋を爆走しながら、後ろに牽引した船の建造。考えただけでもゾッとしますw
あ、でも。さすがにそれはないかw
だって、港湾施設使用料金は払ってるんだもんねw
その港湾施設も、この世界ではどうやら造船所の親方が権利を持っています(どんだけエライのか想像できますよね)。
だから、造船は自分でやるとしても、その手続きは親方を通して承認を得ないと造れない訳です。
親方も儲けなしでやるほど善人ではないので、港湾施設の貸与代金に合わせて、船の材料にする木材や鉄材、ロープなどは自分のものから買うように条件を付ける訳です。
親方の監督費用と、弟子の労働賃金がないので4割引き。親方売りの60%価格で、自分で造船できるわけです。

余談ですが、造船知識がある航海者からの注文であれば、親方はじめ船大工もそれを認め、意図を取り入れる、となっているようですが。
自分が監督する船に文句を言われるに等しいこれらの改修を、親方が黙ってやるとは思えませんw
なので、僕の解釈は「場所と材料はくれてやる。自分で監督して建造するなら定価の4割引きだぜ」となるんですねw

これだけの事なので、よほど最初から(例えば、竜骨の削りだしとか、船体の建造とか)手を付けないと、しかも親方より腕がよくないと、普通に造船しただけでは親方の造る量産型を超える事はできません。
船体から作れば、親方の量産型よりは良い船ができます。これはほぼ間違いない。
まあ、そこには色々と条件も付くのですけど。
そこら辺はおいおいお話しましょう。
で、普通に造船すると、親方の造る量産型と同じものが出来てしまいます。
ただ、船の中の空洞をどう使うか、は建造監督、つまりアナタに一任されます。
船の最大容量、つまり船の中の空洞の大きさも、ある程度は増減できます。
空洞が小さければスマートになり、水抵抗を減らすので速くなりますし、空洞を大きくして部屋を増やせば、船体が太るので水抵抗も増し、遅くなりますが。
また、空洞の内容も、船員の寝泊り生活する部屋を小さく狭くして(一人あたりの面積の減少じゃありません。人数の削減ですw)、積荷を格納保管する倉庫を大きくしたり。
積荷保管庫を減らして、大砲や砲手を多く乗せるために砲室や船室を増やしたり。
船によって、それぞれ限界値もありますが、要するに船の中の間仕切り・部屋割りは勝手にやれるわけです。
速度に影響することでもあるので、これだけでも造船できるメリットは十分ですね(^-^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

笑師

Author:笑師
笑師(えみし)
特性:世話好きなお節介者
特技:原価0で物を作る

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
地見屋の航海日誌感謝の足跡
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
375位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
13位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
著作物利用について
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ランキング応援お願いします

FC2Blog Ranking

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MMOタロット占い
占う相手の名前を言いながら…
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR