アイテム保管枠は本当に少ないのか

みなさん、おはようございます。


統合に向けて、キャラクターをどうするか。
みなさん検討中だと思います。
いえ、もう方針を確定した人は実際に削除を進めているかも知れません。
任意のキャラクターを残すために、予め自分でキャラクターを削除して統合後の規定人数に調整しておくことで、不慮の事故を防ぐ事ができますから。
誰だって早いうちに安心したいし、アイテムの整理をするにしたって実際に人数を調整してから取りかかれば「忘れもの」や「うっかり」を防げますもんね。

でも、キャラクターがワールド移動をするのは5月20日。
最初の不慮の事故が起きるのはこの日だけです。

まだまだ先の話ですから、所持品の整理はしてもキャラクターの削除はまだ保留したい所ですw
一時的な荷物の受け渡しとか、整理時に「これ、どうすっかなぁ」と迷った時の一時保管に使えますからね。



今日は「アイテム保管枠」についてのお話です。
ただ、一般的に論じられている「アイテム保管枠の増設希望」とか「倉庫キャラ削除反対」とは全く反対の話です。
そこの所、ご理解いただいた上で、お怒りになりそうでしたら読み飛ばして下さい。




さて、そもそも論ですけども。
アイテム保管枠が少ない!
と感じている方は多いのではないでしょうか。

今回の統合でキャラクターが削除を免れない人の多くは、キャラクターを「倉庫」として使っている方が多いと思うのです。
やりたい事がいくつもあって、しかもそれぞれを専門的に極めたいと言う事なら、全てのキャラクターを動かしている場合もあるでしょう。ですが、こう言うのは数年にわたり濃密な複数アカウント操作を継続してきた人でしかないので、稀だと思います。
他にも、笑師のような生産職人は仕事を早く片付けるために、数人の生産キャラを育てていたりもしますね。
いずれにしても、8人もフル稼働させてそれぞれがスペシャルになっている事はないと思います。
仮にスペシャルなスキルを持つキャラクターが複数いたとしたら、それだけ所持品も多い、と言う状況に直結しますから、誰かしら倉庫になるのは自然な流れです。



ところで、アイテム保管枠って本当に少ないのでしょうか?


どうも、笑師はそうは思わないんですよね。
いえいえ、確かに共有倉庫は1つ使ってますし、船内倉庫も使ってます。
倉庫キャラクターだっていますよ。
言い訳させてもらうなら、これは「あるから使う」のであって「使えなければ使わないで済む」ものです。
と、極端な物言いをしてしまえば「しまってあるブースト品やら船素材やら納品用アイテムやら、要らないと言うのか」と猛反論されそうです(滝汗)。
そう言う事ではないんですよ、言いたいのは。



アイテムで説明しようと思ったらややこしくなりそうなので、スキルで前振りをします。

スキルの所持枠は限られていて、全てのスキルを習得する事はできません。
つまり、不得手=苦手な行動分野がどのキャラクターにも存在します。
さらに、就いている職業の優遇・非優遇が取得しているスキル性能を制限します。

これ、不便に感じる人は多いと思いますけど、とても重要な部分です。
ゲームバランスを維持するには「不便」に感じる「弱点」を維持しないといけない事もあるのです。



どんなに優秀な能力を持ったキャラクターでも、苦手分野を突けば打ち負かす事ができる。
こう言った「可能性」が残されていなかったら、ゲームはつまらなくなるのです。

弱点が無い高性能なキャラクターが海賊になったら、誰も討伐できないじゃないですか。
勝利して討伐するためには、その海賊をさらに上回る高性能が要求されます。
そして、その高性能は時間をかけて作るしかない。
60kmで走る車を62kmで抜こうと言う作業に近いこの作業は、大変な労力です。
楽しみが伴うかどうか、怪しい部分です。
そして、高性能海賊を討伐した討伐者は、もう誰も打ち負かす事ができません。

かけた時間=プレイ料金に比例してキャラクター能力に絶対差がつくとしたら、プレイヤーが感じるのは
「時間と金をかけたヤツが強い」となりますよね。

この感覚は、アイテム課金型の短寿命なゲームに多いんです。




スキルは納得する。でもアイテム枠は別の話じゃないか。

と言われそうです。アイテム枠は確かに現行でも課金OPがありますから。

プレイヤーは、色々やりたいと思うでしょうから、冒険したり交易したり海事をしたりと気分で動きたい。
この時、アイテムの偏りがあると、その日の方針を変更するのは容易ではありません。
生産ならレシピを持たねばならないし、海事なら船装備を整えないといけない。冒険ならブースト服が欲しいかもしれません。
特定の分野に保管アイテムを特化すると、色々と不便
だから普通はある程度色々な分野に対応してアイテムを保管します。
ところが、色々な分野に対応してアイテムを持つと言う事は「専門的に特化されたアイテム群」を構成するのが難しい。「これをやらせたら滅法強い」所持品群を用意するのが難しいとなると、そのキャラクターにも「弱点」が出てくるんですね。

課金OP倉庫があるので、何をやるにも「いつも準備できている」状態にする事は可能です。
ただ、キャラクターの所持品枠を増枠する訳ではなく、アイテムを実際に使う場合には「所有」ではなく「所持アイテム」を入れ替えてやらないといけません。
保管用の倉庫がいくらたくさんあっても、キャラクターが常にその全てを使える状態ではないのです。
つまり、他の分野の事をやろうとする際に「必要アイテムを用意し直す手間」をサボるためにOP倉庫があるんですね。
キャラクター自身が一度に持てるアイテム枠が増枠にならない以上、キャラクターの「苦手」「弱点」は無くなりません。


なら課金OP倉庫や貸金庫は増やしてくれたって良いじゃないか!


…となりますね。
でも、外部にとは言え、あまり倉庫を増やすと結局「所有アイテム的に苦手」分野の解消をするのが異常に簡単になりますから、ゲーム難易度はダダ下がりです。
アイテムにしろ、スキルにしろ「何かが得意で、何かが苦手」と言う状況を常に維持するゲームバランスでないと簡単になりすぎて「時間と金をかけたヤツが偉い」に近付きます。
何を保管して何を捨てるか。このやりくりも航海者の腕のうち。
アイテム管理もゲームのうちなのです。
「不便」を頭脳で克服して、それでもなお「いつでも何でもできる」準備ができていたら、格好良いと思います。
倉庫を増やして楽々快適プレイ、も気持ち良さそうですがw


決められた範囲の中で、いかに好きな事をやれるかと言うのも楽しみ方の一つだと思うのです。
KOEIはゲームバランスを考慮した上で、保管上限を決めている筈です。
もちろん、範囲を決めるのはプレイヤー自身です。
OP倉庫をどれだけ使うか、アカウントをいくつ使うか。
同時に起動できるアカウントを増やす(ためにプレイマシンを増やす)のもプレイヤーのお金のかけ方次第です。
天井を突破してアイテムを保有したいなら、リアルマネーで解決する方法があるじゃないですか。
普通の人が(妥協はあるにしても)満足できるアイテム枠数の確保に、さほどお金はたくさんかかりません。
ですが、個人が抱える収集癖や、捨てられない病を満足させたいなら、それなりに代償は支払うべきです。
本気で必要だと感じているなら、その代償が高いとも思わないと思うのですが。

ですから、単に持ち物がきつい、と言うだけで「アイテム枠が少ない」と安易に考えるなら、笑師は賛成しかねます。

だからなんだ、と言われると困りますけどw


↓ランキング参加中です↓




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

笑師

Author:笑師
笑師(えみし)
特性:世話好きなお節介者
特技:原価0で物を作る

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
地見屋の航海日誌感謝の足跡
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
375位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
13位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
著作物利用について
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ランキング応援お願いします

FC2Blog Ranking

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MMOタロット占い
占う相手の名前を言いながら…
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR