ワールド統合 商会は残したいよねw

みなさん、こんにちは。


ワールド統合計画の解釈の4回目です。


今日の課題は統合による商会解散を回避する方法です。



とは言う物の、解散を100%回避する必勝法はありません。
あるとしたら、商会員を増やし合計名声値総計を上げておく、この一手でしょう。
しかし急には難しい話ですし、新規会員の増加だって相手の意思がないと出来ない事ですから、商会としての意思だけで成立する事ではありません。
ここでは、中・小規模商会が出来る限り確実に商会を存続するために出来得る努力を検討する事になります。



さて、中・小規模の商会が解散をせずに残りたい理由は大きく2つあると思います。

メンバーの離散を嫌う場合
開拓街の消滅を嫌う場合


の2つです。



メンバーの離散を嫌うと言う事なら、対処はさほど難しくないと思います。
この場合、仮に商会が解散になったとしても、統合後の新たな場所で集えば良い訳ですから。



のっけから開き直った話になりますが、統合後はAs鯖にもEo鯖にも必ず最大数の商会が残る訳ではありません。
統合当日の5月27日には、ワールドの統合とキャラクターの削除判定が同時に発生します。
仮に統合前の商会の名声値総計が拠点の上位半数に入り存続確定となっても、統合後にメンバーが削除されるなどの要因から商会の維持条件を満たす事が出来なかった場合にはやはり商会は消滅します。
こうして消滅する商会が発生した場合、統合前の名声値総計が惜しくも足りず「ギリギリで解散」した商会が繰り上げて復活する事はありません。
N鯖とZ鯖のリスボンからは、恐らく100商会ずつが(リスボンで100商会を下回る事はないでしょう…)選抜されますが、統合後のEo鯖に200商会が残っている保証は無い訳です。

となると、メンバーの離散を嫌う商会は統合メンテナンス明けに空き枠があれば「新規に」商会を設立してしまえば良い訳です。
元と同じ拠点が無理でも、空きが出た街でこれをやれば、メンバーの再集合は容易い筈です。
再集合をするために必要なのは、事前の周知と連絡体制の確保です。
ローカル保存されていないメール(アクセスがなく未読であっても)は削除されますから、事前にする通知は早い方が良いでしょう。
一番確実なのはゲーム外部に連絡方法を確保する方法でしょうか。
インターネットHPやLine、メール…
メッセージが残せてかつユーザー個人に負担のない方法が良いでしょうね。
それが難しいとなれば、ゲーム内でお互いにフレンド登録をしておくと良いです。
統合時に既存のメールは削除されますが、統合後に商会を介さずにメールが出せるのはフレンドだけです。


と言う訳で、メンバー離散をしないための再集合は比較的容易です。
でも、後で笑師からちょっとした提案もあります。
出来る事なら、ちょっと続きも読んで貰えると有難いと思います><b




問題は、開拓街の消滅を嫌って解散を回避したい場合です。
この場合は「一度解散して再集合」のような乱暴な措置はいただけません。
何がなんでも商会として存続しないと、開拓街は削除されてしまいます。
解散を回避する方法は2通り考えられます。

合計名声値を増やす
合計名声が現状のままでも解散せずに済みそうな拠点に移転する


この2通りのやり方です。



合計名声を増やせば良い、とは言え商会メンバーの合計名声総計は自分の商会しか見る事はできません。
余所の商会の合計名声総計は見る事ができないので、比較のしようが無いのですね。
ですから「大丈夫」「名声が足りない」の判断を正確にやれるプレイヤーはいませんし、どの程度の名声が補填できれば解散を免れるかは分かりません。

ですが、諦めるのは早いです。
4月1日からは、自分の商会が所属するワールドの、自分の商会の拠点にある商会管理局窓口にアクセスした場合に限り「現時点での解散判定結果」を教えてもらう事ができるようになります。
ここで「存続」と出れば解散する事はありませんが、あくまでも「現時点で」の情報です。
他の商会が名声を獲得してくれば、当然順位が変わりいつの間にか「解散」側に落ちる場合も考えられます。
どちらにしても、名声を限りなく上げておくことが商会の存続につながりそうです。
しかし、既存のキャラクターの頑張りでは追いつかない場合もあるでしょう。


そこで次に考え得るのは「一時的な合併」です。
小中規模の複数商会が吸収合併することで解散を免れる方法です。
吸収されてしまう方の商会は開拓街を残す事ができませんから、お互いに譲るのは難しいかも知れません。
でも、まったく不可能と言う事でもないと思うんですよ。

先にお話した「メンバーの離散を嫌う商会」が抱えるメンバー全員(もしくは一部)を擁しきれるなら、これはお互いに利益のある事です。
ちょっと言い方が悪いかもしれませんが、吸収する側は当然名声値を飛躍的に上げる事ができるので解散を免れる可能性が高くなります。
吸収される側は、少なくとも離散を回避しつつ商会チャットでのコミュニケーションを維持する事ができますから、外部に連絡手段を用意する必要も、全員の相互フレンド登録の必要もなくなります。
こうした吸収合併を「統合」と言う名の大きな波を乗り越えるための一時措置として考えるのであれば、商会内でのルール(納品義務とかPK行為の許容とか)は一時的に凍結しても良いのではないか、とは思います。
そして、このようにして予め自発的な解散と合併をする事で、当事者は少し条件が良くなりこのおかげで救済される商会が出てくる可能性もあるんです。



あ。
実際に合併をコーディネートできる訳でもないのに、理想論を振りかざしているようですが。
まったくその通りです(汗)
でも、笑師はできるだけ多くのプレイヤーに、出来るだけ多くの物を残したまま統合を迎えて貰いたいのです。
意に反する統合にはして欲しくないんですよ。
(統合決定の時点で意に反している方もいるとは思いますが…)
ですから、考え得る方法は全部書きます。
誰でも考え付くような事だとしても、声に出しておくだけでもw
このくらいしか考え付かない凡人なんですけど、やれる事は全部やっておきたいのでw



さて、自発的な合併吸収をする商会がいたら、何が「他の商会の救済にもなる」のか、と言う話です。

先程は「商会の拠点街で上位半数に入れば」と言いました。
ここで「上位半数」としたのは、各国本拠地(リスボン・セビリア・ロンドン・アムステルダム・マルセイユ・ヴェネツィア・イスタンブール)の商会設立上限が200であるのに対し、ジェノヴァ・ナポリ・チュニス・アレクサンドリア・アテネ・カリカットはこの上限が100と、拠点によって違いがあったからです。
商会設立上限が100の各街を拠点とする商会の存続条件は上位半数の50商会です。

ですが、これらの街を拠点とする商会が存続上限数の50に満たない場合は?

実は、解散させられる「下位半数」は拠点街が許容する商会数に対しての「下位半数」なので、100商会を許容できる拠点に48商会しか存在していなければ、解散する商会はありません。
本拠地は200商会を許容しますが、存在する商会が100商会を下回っていればやはり解散する商会は無いんですね。

こうした「解散判定の発生しない」拠点に移転する、というのが解散を回避する2つめの方法です。
そして、先に話した理想論。
吸収合併で丸く収まる商会が多ければ多いほど、商会の総数が減るので、自動的な解散を免れる事ができる商会は増える可能性を持っています。
もちろん、元の商会の名前はなくなるし、統合後の分離の際にトラブルが起きる可能性もあります。
そこを踏まえた上で、自発的に解散し合併して最低限の環境を守るか、解散判定に勝ち残りを賭けるか、と言う選択になりますから、敷居は低い訳ではありません。
しかし、不満や妥協があったとしても、やれる事を全部やってこその「全力を尽くす」だと思うのです。



さて、理想論は一度捨てましょうw

その上で、単体の商会が解散を免れる最後の手段は、ずばり「移転」です。
4月1日以降、拠点街の管理局で「現在の存亡判定」が聞けますし、商会移転も無償化されるので、引っ越し先を探すだけならタダです。商会の代表が12の街を転々と移転しながら「存続」と出る街を探せば良いのです。
そして、この移転による拠点探しは統合メンテナンスの直前まで可能です。
移転のタイミングは、各商会の動向にもよります。
統合メンテナンス直前のギリギリのタイミングなら、存続か解散かの判定はかなりの正確性で確認出来る事でしょう。ですが、動きが遅ければ枠が埋まる事で移転すら出来なくなっている可能性もあります。
と言って、あまり早い段階で移転に踏み切っても、他の商会が後から多数移転してくれば、信憑性の高い事前判断にはなり得ませんから、暫定措置になりそうです。
それに、商会のメンバーがどこまでの移転を許容するかにもよるでしょう。
インドの入港許可が取れていない子にとっては、カリカットなどに移転されたら商会のメリットが何も利用できませんからね。


さて、統合についてのスケジュールと、何を検討しておくべきか、どんな手段をとる事ができるのか、についてはこれで話し尽くしたと思います。
統合についての手段方法の選択肢や期限は把握できたでしょうか。
早々に検討を始めた方が良さそうな事についての解釈は全部終わりました。
後は個々に、また商会ごとに、色々と相談したり考えたり、支度をするだけですね。


ふぅ。
結構疲れましたねw
最後まで聞いてくれてありがとうございました。
そしてお疲れ様でしたw

また「片付けの期限」が近付いたら記事に起こすかもしれません(-_-;


↓ランキング参加中です↓



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

笑師

Author:笑師
笑師(えみし)
特性:世話好きなお節介者
特技:原価0で物を作る

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
地見屋の航海日誌感謝の足跡
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
1086位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
59位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
著作物利用について
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ランキング応援お願いします

FC2Blog Ranking

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
MMOタロット占い
占う相手の名前を言いながら…
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR